日 本 武 尊(やまとたけるのみこと)

西の国ことむけ終えて東に また出で立たす皇子ぞかしこき


日本武尊は第12代の天皇、景行天皇の皇子で本名は小碓(おうす)皇子。

天皇の命を奉じて熊襲を征し、誅伐された熊襲梟帥(くまそたける)は死に臨み、その武勇を嘆賞して日本武の号を献じた。

日本武尊は九州から大和へ帰ると、更に東方の乱を鎮めるために、天皇から勅を受けて出発した。この時、伊勢神宮に参拝し、そこで大和姫から天の叢雲の剣を授けられる。この剣は須佐之男命が八岐の大蛇を退治した時に、その尾から現れたと伝えられる物で、「剣に付けた守袋は危険が迫った時に開け、御神徳を仰ぎなさい」と戒められる。

尊が相模の国で賊に欺かれて野原の中に入ったところ、野に火を付けられて危うく焼殺されそうになった。この時、尊の宝剣が自然と抜けて草を薙ぎ払い、守袋の中にあった火打ち石で 火を放つと逆にその火が迎え火となって賊を滅ぼした。この事から、この剣を草薙の剣と呼ぶ様になった。

「草薙の剣」と「八咫の鏡(やたのかがみ)」、「八坂瓊の曲玉(やさかにのまがたま)」は、やがて三種の神器と呼ばれ、歴代の天皇に受け継がれる皇位の印となった。 



有福神楽保持者会(浜田市)