八 岐 大 蛇(やまたのおろち)

青草を結ひ束ねて蓑笠と 作り初めます須佐之男命


「八岐大蛇」は石見神楽の代名詞にもなっているほど石見神楽の花形である。
特に、八頭の大蛇が織り成す蛇舞は凄みのある壮大なスケールの舞である。

高天原を追われた須佐之男命は、出雲の国、肥の川(斐伊川)に降り立った。
この時、河口で箸が流れているのを見た命は、川上に人が住んでいるのを知り、川上を上ってみるとそこに老夫婦と娘が嘆き悲しんでいた。

命が訳を聞くと、この山奥に大蛇が住んで毎年出て娘をさらって行き、8人の娘のうち今は1人だけしか残っていないとの事だった。

大蛇退治を約束し、奇稲田姫を娶った命は早速毒酒を用意させ、大蛇に飲ませた後退治する。
このとき大蛇の尾から出てきた一振りの刀を「天の叢雲の剣」と名づけ、天照大神に捧げ、後に「草薙の剣」と改名されて三種の神器(八坂瓊曲玉、八咫鏡、草薙の剣)の一つとなった。

助けられた娘、奇稲田姫は須佐之男命と夫婦となり、地方の産業治水に努力された。

夜久毛多都 伊豆毛夜幣賀伎 都麻碁微爾 夜幣賀伎都久流 曽能夜幣賀伎袁
(八雲立つ 出雲八重垣妻ごみに 八重垣つくる その八重垣を)

宮を造るべき所を求めて須賀の地を訪れた須佐之男命は、「吾此地に来て、我が心須賀須賀し」と仰せになり、この地に宮殿を造り住むことになった。
この時、まるで宮殿を包み込むように美しい雲が立ち昇り、それを見た須佐之男命が喜びのあまり詠んだ歌が上の歌であると伝えられている。

島根県松江市佐草町にある八重垣神社は、須佐之男命と奇稲田姫を主祭神とする。



種神楽保存会(益田市)


この神楽は石見神楽の花形として演じられる神楽の一つであるが、競演大会やイベントなどでは蛇舞や命と大蛇の格闘シーンばかりが強調されて演じられるようである。
観客受けし、観光誘致という致し方ない背景もあるのでしょうが、やはり、足名椎、手名椎の嘆きがあってこそ大蛇のおどろおどろした蛇舞や凄みのある格闘シーンに続くのであって、そこに神話の世界、ストーリーが繰り広げられるのではないかと思います。
足名椎と手名椎、姫が登場する場面での楽、命と姫が連れ添って舞うシーン、爺婆の嘆きの口上などなど・・・本当に良いものです。
「あれに見えしはやたがさこ〜、肥の川と申す川上に、八岐の大蛇が住まひして〜」・・・。
「親と子の別れの花は何時や咲く 秋七月の溝萩の花」

「身一つにして頭が八つ、尾が八つ・・・背には苔や檜や杉が生え、その長さは山の尾根を八つも渡る程に大きく、腹は何時も爛れて血が垂れている」と古事記に記された大蛇の姿・・・おそらく、この大蛇は水神として肥の川を象徴する自然神であると解釈されますが、いずれにせよ、肥の川とその両岸の景色を大蛇に準えた描写は壮大なスケールを感じさせられます。