鹿 島(かしま)

国中の荒ぶるものを平らげし 鹿島香取の神ぞ貴き


「国譲り」の神話を神楽化したもので、別名「国譲り」「武甕槌(たけみかづち)」とも言う。

国譲りの為の一騒動で、経津主命(ふつぬしのみこと)と武甕槌命が大国主命に国を譲るよう頼んだところ、大国主命と事代主命は異議なく賛成するが、建御名方命(たけみなかたのみこと)だけ反対した。

そこで、武甕槌命と建御名方命が力比べをし、激闘の末、建御名方命は諏訪まで追われ敗北した後、諏訪以外の地に出る事を固く禁じられ諏訪大明神となった。

「鹿島」は武甕槌命を祭神とした神社であるが、神楽歌の中に「国中の荒ぶるものを平らげし鹿島香取の神ぞ貴き」とあるように武神軍神として崇められ、その神威が表れている。




丸茂神楽社中(益田市)