神 々 の 紹 介

        主に石見神楽に登場する神々を紹介しています。







目 次

神名をクリックすると、その項目へジャンプします。



天照大御神  須佐之男命  奇稲田姫  足名椎  手名椎

大国主命  事代主命  建御名方命  武甕槌命  経津主神

思金神  宇津女命
  児屋根命  太玉命  手力男命

邇邇芸命  猿田毘古神  神武天皇  日本武尊  仲哀天皇

神功皇后  武内宿禰  菅原道真  藤原時平



天照大御神(あまてらすおおみかみ)

日本書紀には「天照大神」、古事記には「天照大御神」とある。
天皇家の最高神(祖先神)で太陽神。高天の原を治めた神。

古事記の説では、イザナキが黄泉の国から帰り、禊の時に左の目から出来た神と記され、日本書紀では、イザナキ・イザナミによって生まれた三貴子(アマテラスオオミカミ、ツクヨミノミコト、スサノオノミコト)の一人と記されている。

弟神、須佐之男命の天上における悪業を目の当たりにした大御神は腹を立て、天の岩屋の中に籠ってしまう。

須佐之男命(すさのおのみこと)

天照大御神の弟神で「建速須佐之男命」あるいは「速須佐之男命」と表記される。
神話の中の代表的、スター的な神である。

根の国(同じ地下世界の黄泉の国とは別世界のあらゆる生命力の宿る根源の世界と解釈される)を支配した神。

度重なる悪業を重ね高天の原を追放された須佐之男命は、出雲の国の肥の河(斐伊川)に辿り着き、八岐大蛇(古事記の原文では「高志之八俣遠呂智;こしのやまたのおろち」とある)を退治して天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を得、奇稲田姫と須賀の地(現在の島根県雲南市大東町須賀)に新居を構えた。

奇稲田姫(くしなだひめ)

足名椎・手名椎の娘で須佐之男命の妃となる。
日本書紀には「奇稲田姫」、古事記には「櫛名田比売」とある。

古事記によると須佐之男命によって美しい櫛に変えられたという一節がある。
そのために付いた名とも読めるが、「櫛」は霊力に対する称辞で、元々の意味は農耕田に関係があり、霊妙な稲田の女神で水田の守護神と考えられている。

足名椎(あしなづち)

出雲の国、大山津見神(おおやまつみのかみ;イザナキ、イザナミの生んだ子とされる山の神)の子で、斐の川上に住んでいた。
妻は手名椎。

手名椎(てなづち)

足名椎の妻で、奇稲田姫の母。
奇稲田姫が須佐之男命の妃として須賀の宮に移住した時、足名椎とともにその宮の司長となる。

大国主命(おおくにぬしのみこと)

日本書紀では須佐之男命と奇稲田姫の子とされているが、古事記では須佐之男命の六世の孫と記されている。
また、古事記の原文には「大国主神」とあり、偉大な国の主を意味し、「葦原の中つ国」を統一して最初の王となるところから名付けられている。

天照大御神の命によって国譲りを余儀なくされた。
今は出雲大社に祀られており、一般に「縁結びの神」とされるのは、神話の中に求婚したさまが細かに語られているためでもあるとも考えられている。
「葦原の中つ国」とは、アシの繁った原の意味で繁栄した様を表し、中つ国とは高天の原(天)と黄泉の国(地下)の間にある国と解釈されている。

事代主命(ことしろぬしのみこと)

大国主命の子。託宣神。
出雲の国で父神を助けて国政にあたったが、天照大御神の命で国土を献上するようにと言われた時、父神に国土の献上を進めた。

建御名方命(たけみなかたのみこと)

大国主命の子。
天孫降臨に先立ち高天の原から遣わされた武甕槌命との抗争に敗れて諏訪に退き、国譲りを承諾した。

武甕槌命(たけみかづちのみこと)

天照大御神の命により出雲の国に降り、大国主命に国譲りをさせた神。
鹿島神宮に祀られており、雷神・剣神・武神の神格を持つ。

経津主命(ふつぬしのみこと)

高皇産霊尊(たかみむすひのみこと:思金神の父神)が、葦原の中つ国の平定に遣わす神を誰にするかわ神々に諮った時、推薦されたのが経津主命であり、武甕槌命と共に出雲の国、稲佐の浜に天降り、大国主命と事代主命と交渉して葦原の中つ国の平定を成し遂げた。

思金神(おもいかねのかみ)

古事記では思金神、日本書紀では思兼神と記されている神である。
神名は思慮(おもい)と兼ね備える(かね)から成るもので、豊かな知恵を持ち、思慮深い神として登場している。

神話の中で、思金神が最初に登場するのは岩戸騒動の折りである。
この他にも、天孫降臨に先立つ葦原の中つ国の平定に際して、武甕槌命を遣わすことを答申したり、国譲りが完了したことを受けて行われた天孫降臨にも関与している。

このように、思金神は高天原の重要な局面で登場しており、その度毎に知恵を出して事態を打開している。

宇津女命(うずめのみこと)

古事記には「天宇受売命」、日本書紀には「天鈿女命」と記されている。

神名は「宇受」が「かんざし」の(また、「鈿」はかんざしと読む)意を表し、髪飾りをして祭りをする女神、更には神懸った女性の神格化とされる。

古事記には、天照大御神が弟神・須佐之男命の悪業に腹を立てて籠ってしまった天の岩屋の前で、宇津女命が神懸かりとなって舞った様が以下のように語られている。

「天の香具山のひかげを襷にかけ、天の香具山の小竹の葉を手草に結いて天の岩屋の戸の前に桶伏せて踏み轟こし、神懸りして胸乳を掻き出で裳緒(もひも)を番登(ほと)に押し垂れき」

また、天孫降臨に随従して天の八衢にいた猿田毘古の神を和らげたという女神。
日本神話中、神楽や芸能の神としての性格を持つ神である。

児屋根命(こやねのみこと)

天照大御神の岩戸隠れの際、祝詞を奉して大御神の出現を祈請した神。
天孫に従って日向国に降りた五柱の神の一人で、子孫は代々朝廷の祭祀を司った。
中臣氏の祖神で藤原氏の本家にあたる。

太玉命(ふとだまのみこと)

天照大御神の岩戸隠れの際、天香山(あめのかぐやま)の真榊を取り、勾玉・鏡・和幣をかけて大御神の出現を祈った。
天孫に従って日向国に降りた五柱の神の一人で、忌部(斎部;いんべ)の祖神。
中臣氏と並んで宮廷祭祀を司った一族であるが、後には中臣氏に圧倒されて宮廷での勢力を失墜させてゆく。

手力男命(たぢからおのみこと)

名の意味は、読んで字の如く「手の力の強い男の神」である。
天照大御神の岩戸隠れの際、岩戸を開いて大御神を導き出したとされる強い力を持つ神。

岩戸神話に因んで、手力男命は天照大御神が祀られている皇大神宮(内宮)の相殿の神として祀られている。

邇邇芸命(ににぎのみこと)

古事記では邇邇芸命、日本書記では瓊瓊杵尊と記される。

武甕槌命が平定した葦原の中つ国を統治するために高天原から天降った神であり、天孫といえば瓊瓊芸命をさし、天孫降臨といえば瓊瓊芸命が天降ったことをいう。
天皇家の祖先として知られ、初代天皇である神武天皇は曾孫にあたる。

古事記によると、天照大御神から葦原の中つ国の統治をするよう神勅を受けた瓊瓊芸命は、児屋根命、太玉命、宇津女命、伊斬許理度売命、玉祖命の従者をあてがわれ、三種の神器である八尺の勾玉と鏡、草薙の剣、更には思金神、手力男命、石門別神とを副え与えられ、猿田毘古神の先導で高千穂の山へと天降ったと記述されている。

天降ったに瓊瓊芸命は、笠狭の岬に居を構え、大山津見神の娘である木花之佐久夜比売(このはなのさくやびめ)と出会い、火照命(ほでりのみこと)、火須勢理命(ほすせりのみこと)、火遠理命(ほおりのみこと)の三柱の御子神をもうけた。
火照命は海の幸を漁る海幸彦となり、火遠理命は山の幸を求める山幸彦となった。

猿田毘古神(さるたびこ)

天孫降臨の折、天の八衢で「上は高天の原を照らし輝かし、下は葦原の中つ国を光輝かしていた」神である。
日本書紀によれば、この神は口や尻が赤く、鼻がとても長いと描写されており、猿からの連想かと思われる。
また、天狗の前身のような神とも解釈されている。


宇津女の命を前にして、その妖気とは裏腹に拍子抜けするほど従順な神であった猿田毘古から連想しても、宇津女の命の相手を魅了させる一面と、相手を圧倒し屈服させる一面とが窺える。

神武天皇(じんむてんのう)

古事記ではカムヤマトイハレビコとあり、漢風諡号(天皇の没後に与えられる呼び名)で言えば神武天皇。
初代天皇と伝えられる天皇。

日向の高千穂の宮を出、舟軍を率いて九州の東海岸を北上、瀬戸内海を東進して紀伊国に上陸し、登美(奈良県西部の地名)の豪族・長髄彦(ナガスネヒコ)を倒し大和地方をだいたい平定したとある。

日本武尊(やまとたける)

第12代天皇、景行天皇の皇子。本名は小碓(おうす)皇子。

天皇の命を奉じて熊襲(クマソは地名で九州南部地方を指す。そのクマソの支配者がクマソタケルである。日本書紀では川上梟帥となっている。)討伐に向かい、女装してその首領を倒したが、誅伐された首領の川上梟師は死に臨み、皇子の武勇を嘆賞してヤマトタケルの号を献じた。

後に東国の東夷征討の命を受けて出征した。
途中伊勢神宮に参拝して、倭姫命(大和姫;やまとひめ)から天叢雲剣を授けられる。
東国鎮定の往途の駿河では、その剣(草薙の剣となり、三種の神器の一つとなる)によって焼き討ちの難を逃れた。

仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)

第14代天皇。日本武尊の第2子。皇后は神功皇后。
熊襲征討に赴き筑前橿日宮で没する。

叔父の成務天皇の次に即位している。
それまでの天皇は直系相続のかたちで父から子へと位が譲られてきたが、前の天皇の子でない者が後を継いで天皇になったのはこの時が初めてである。

神功皇后(じんぐうこうごう)

仲哀天皇の皇后で、応神天皇の母。
記紀に見える所謂「三韓征伐」の物語の主人公である。

熊襲征討のため天皇とともに橿日宮に赴いていた時、神が依り憑き、皇后の口を借りてお告げの言葉が出てきた。
そのお告げにより、天皇の死後、武内宿禰とはかって妊娠中にもかかわらず新羅に攻め入り、国王を征服させた。

その後、筑紫に帰って応神天皇を生み、やがて大和で応神天皇を皇太子に立てて自ら政治を司ったということになっている。

武内宿禰(建内宿禰 たけのうちのすくね)

蘇我氏や葛城氏の祖先とされる人物。
景行朝から仁徳朝にかけて活躍し、300年も生きたと伝えられている。

大陸での戦いで神功皇后と生まれてくる皇子(後の応神天皇)を身をもって守り抜くなど、応神天皇(八幡神)の誕生に大きく関わった武内宿禰は八幡神の守り神となり、やがて、あらゆる神の守護神として崇められるようになった。

菅原道真(すがわらのみちざね 845年〜903年)

平安時代中期の学者、政治家。
菅原氏は古代豪族土師氏の出身で、道真の曾祖父古人が土師から菅原へと改姓し、文道をもって朝廷に仕える家柄となり、道真は清公、是善と続く文章博士(もんじょうはかせ)の家系に生まれた。

5歳で和歌を詠み、10歳で漢詩を作り、神童と称された。
その後学者として栄進を続け33歳で式部少輔、文章博士となった。

894年、遣唐大使に任ぜられた時、唐の国情不安と行路の危険に鑑み、遣唐使派遣の停止を申請して許され、以降、遣唐使が絶えたことは有名な話である。

899年、藤原時平が左大臣に、道真が右大臣に任ぜられたが、これは当時としては破天荒な出世であり、藤原氏や学閥の反感を招くようになった。


死後、京にはしばしば道真の祟りと称する災厄が相次いで起こり、しかも偶然にもその被害者が道真に反感を抱いていた人々であったので、何時しかその災厄は道真が雷神となって復讐したものであると言われるようになった。

923年には罪を取り消されて本官に復し、993年には正一位太政大臣を贈られた。

以後、天満天神、学問・文化の神として現代に至るまで永く人々の尊崇を受けている。

藤原時平(ふじわらのときひら 871年〜909年)

石見神楽では「悪」として登場する時平ではあるが、時平の業績も合わせて紹介してみた。

平安時代中期の廷臣で、関白藤原基経の長子。
権大納言菅原道真と共に政治を執り、901年には従二位に叙せられた。
しかし、宇多上皇は藤原氏の専権を抑えようとして右大臣菅原道真を重用し、天皇と図り道真に職務を司らせようとした。
これを聞いた時平は、道真が天皇の廃立を企てていると讒言し、ついに道真は大宰府に左遷される身となった。


しかし、時平は地方政治の刷新に意を注いでおり、律令制の励行や荘園の増大防止などにも努めている。

死後、正一位太政大臣を贈られている。