神 楽  集


   神楽歌の幾つかを歌集として纏めてみました。





千早ふる玉の御簾巻き上げて 神楽の声を聞くぞ嬉しき
(神楽 神迎え 他)

幣たつるここも高天の原なれば 集まりたまへ四方の神たち
(塩祓い)

この程に今よいつよと待つほどに ねむよの月は小夜に輝く
(神迎え)

八雲たつ出雲八重垣妻ごめに 八重垣つくるその八重垣を
(神迎え)

揺るぐともよもや抜けじの要石 鹿島の神のあらん限りは
(道返し)

八幡山前の外山は曇るとも 我が氏人に曇りおろさじ
(八幡 塵輪)

万代と祈り治むるこの村に 悪魔は寄せじとさよにふらせうや
(八幡 塵輪)

石清水いまも流れの末絶えず 濁りなき世や君を守らん
(八幡 塵輪)

箱崎にしるしに植えし松なれば 幾千代までも栄え久しき
(八幡 塵輪)

梅は飛び桜は枯るヽ世の中に 何とて松はつれなかるらん
(天神)

東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ
(天神)

心だに誠の道に適ひなば 祈らずとても神や守らん
(天神)

流れ行く我は水屑となりぬとも 君しがらみとなりて止めよ
(天神)

千早ふる荒ぶるものを拂わんと 出で立ちませる神ぞ貴き
(鐘馗)

目に見えぬ神の心の神事は かしこきものぞ凡にな思ひそ
(鐘馗)

月も日も空に光しあらざれば 何処を神の宿とたずねん
(岩戸)

天の戸を開いて月の夜もすがら 静々拝む天の岩戸を
(岩戸)

春霞ものヽいひしわ解いつべし 山のつはるを見るにつけても
(五神)

夏山や森の梢は高けれど 空には蝉が琴を調ぶる
(五神)

秋鹿が身をば紅葉に隠せども 恋路になれば声も惜しまず
(五神)

冬来たれば青葉の山もなかりけり きのふの時雨けふの初雪
みな白妙に雪はふりつヽ
(五神)