神 功 皇 后(じんぐうこうごう)


この演目は、特に「日本書紀」にある神功皇后の新羅遠征を素材にした神楽である。

武内宿禰が仲哀天皇の后、神功皇后に「新羅遠征の斥候として使わした海士名草(あまなぐさ)から戌亥の方角に国が見えますと報告がありましたので急いで船出なされるように」と言上する。
早速、住吉の神託を仰いだ皇后は高麗・百済・新羅の三韓を討つことにし、神から授かった「干珠」「満珠」を手に渡海する。
干珠は海中に投げ入れると満潮の海が陸地に、逆に満珠は荒波が起こるという不思議な珠である。

三韓の王達は兵を率い、干珠によって陸地になった海を渡って攻め込むが、満珠によって再び海になった荒波に溺れ苦しみ、武内宿禰によって生け捕りにされる。
王は降伏して日本に服従することを誓って許されるという筋書きである。
三韓の王達はおどけた悪役として登場し、武内宿禰に懲らしめられる様は滑稽に演じられる。

武内宿禰は大和朝廷の頃、景行朝から仁徳朝の五朝に仕えた伝説上の人物で、数々の勲功があったと伝えられている。



三谷神楽社中(益田市美都町)