神祇太鼓(じんぎだいこ)


別名「胴の口」と呼ばれるこの神楽は、神楽歌を歌いながら神楽の色々な囃子の音曲を組み合わせた勇壮な「囃子神楽」で、平安末期からあったような献詠(宮中や神社に詩歌を詠んで奉ること)の形で存在しているものと考えられている。
神祇とは「天つ神と国つ神(天の神と地の神;天神地祇)」の意。



美川西神楽保存会(浜田市)