八 幡(はちまん)

弓矢取る人を守りの八幡山 誓ひは深き石清水かな


八幡の神の威徳を称える神楽である。

九州豊前の国、宇佐八幡宮に祀られているいる八幡の神、八幡麻呂(やはたまろ)が異国から第六天の悪鬼が日本に飛んで来て人々を殺しているので、自らで向いて神通(じんつう)の弓に方便(ほうべん:仏教の言葉で、便利な手段、方法の意)の矢を持って見事に退治するという物語である。

第六天とは仏教でいう悪魔で、仏道の妨げをすると言われている。

八幡の語義の中で有力な説は、応神天皇誕生の際、赤白八流の幡(はた)が天から舞い下りたという伝説が基になっている。

石見地方の神社は大体八幡宮であることから、、この演目は神喜ばせの神楽として舞われている。

宇佐八幡宮は、大分宇佐市にある八幡宮の総本宮で、応神天皇、神宮皇后、比売大神の三柱を祀り、八幡信仰の本拠地である。



三谷神楽社中(益田市美都町)